夫婦の営みをよくするため旦那の早漏を解消したい!

夫婦の営みでは早漏が大きな問題になっていきます。とくに夫婦が中年になってくると、夫が精力不足で2回戦とかできないことが大半なので、妻の欲求不満がたまります。

行動的で尻軽な妻ならば、旦那に期待せず浮気するでしょうが、全員が全員そういう妻ばかりでもありません。

かいがいしく旦那の早漏を解消したく願う夫婦もいるでしょう。実際、次のような夫婦は多いんじゃないでしょうか。

中年夫婦ですが旦那の早漏を改善してセックスを楽しみたい

40代半ばの夫婦です。30代の時はセックスが好きではありませんでしたが、今になって性欲が高まりセックスのよさがわかってきました。

一方では、旦那は30代の時より勢いが衰えてしまい、早漏から超早漏になりました。。以前は挿入で3分くらい持ちましたが、今では1分かからず射精することもあるほどです。

マンネリ化もあると思い、旦那と相談してトノスといった塗り薬を使い始めてみました。すると、挿入しても5分くらい持続するようになりましたが、これかも薬を使っていいのかと心配です。

「トノス以外にもフェミニーナ軟膏が効くらしい」と旦那は乗り気ですが、いずれにしてもペニスに塗り続けていいのかと思います。

もっと安全な早漏対策があれば一緒に取り組んでいきたいと思います。

旦那の早漏を治す前に原因究明

この経験談を見る限りでは、旦那の早漏は心因性や衰弱性だと思います。あとはセックスのマンネリによる「さっさと出して終わりにしたい」という気持ちも、どこかにあったかとは思いますが。

ただ、それでは妻は面白くありません。心因性の早漏はセックスにおけるコンプレックスや緊張状態が続いていると、どうしても早くイッてしまいます。

もっとも、この奥さんの場合ならば、プレッシャーをかけていなさそうですから、旦那の負担にはなってないと思います。

となると、衰弱性早漏が年齢的に十分考えられます。体力や筋力が低下すると、堪え性がなくなりすぐピュッとイッてしまいます。

若いときから早漏だったようですが、40代になって悪化したのがこういう背景が考えられます。

中年夫婦が旦那の早漏克服トレーニングを一緒にするには?

妻が早漏というわけではないので、旦那のトレーニングを監視すること。栄養バランスを考えた食事を作るのが、妻の役割だと思います。当然、旦那が料理できる人なら、旦那も作るべきですけど。

栄養バランスについては亜鉛を摂らないとダメです。亜鉛は妻には関係ないと思うかもしれませんが、亜鉛不足は味覚障害になります。

そのため、早漏とは関係ない妻も一緒に食べた方がいいです。

そして、トレーニングはスクワット、腹筋、ランニングや散歩などです。旦那がさぼってないかどうかお目付け役を買って出てます。

だいたい3ヶ月もすれば効果は出ますし、あわせてチントレを取り入れるともっと効果は上がります。

ただ、体系立てられた方法を学ぶことが、中年の早漏改善トレーニングの効果は上がりますから、ヒロシの早漏改善ブログみたいな情報を見ると参考にはなると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする